メディアなどで紹介されている脂肪燃焼スープ1週間ダイエットにおいてはプチ断食でもある為、体が健康な時に始めないと体調不良になる恐れがあります。また、1週間実行したら連続して行わない事等制限があります。
脂肪燃焼スープの1週間ダイエットは基本的に野菜が多く入ったスープを7日間どれだけ食べてもよく、初日から7日までそれぞれ追加して食べる食材も決まっています。初日にはスープにプラスして果物、2日目には野菜、3日目には果物と野菜など他の食材も食べれる事もポイントです。脂肪燃焼スープにはキャベツやピーマン、玉ねぎ等の家庭にある食材にホールトマト缶とコンソメで味付けをしたトマトスープです。味に飽きて来たらチリソースなどで味付けに変化をつけても大丈夫です。
注意したい点は食事と一緒に摂る飲み物ですが、甘味料の入っている飲み物は一切禁止で水やお茶、ブラックコーヒー等で過ごす事としています。個人差もありますが、脂肪燃焼スープを一週間行ってマイナス8キロ程度痩せる人もいます。デトックスの要素が強い為、また普段の食生活に戻れば多少のリバウンドのリスクはあります。しかし、リバウンドが怖いからといって継続して食事制限をする事は正しいダイエット法ではない為、あくまで一度体の中をデトックスで排除してリセットする気持ちで挑むと良いでしょう。